REPORT
ドイツの首都ベルリンにて開催「World of Coffee」に出展しました
2019.11.1

株式会社カリタは2019年6月6日〜8日にドイツの首都ベルリンにて開催されたWorld of Coffeeに出展致しました。World of Coffeeは欧州最大規模のスペシャルティコーヒーの祭典で、今回で記念すべき20周年を迎えます。
次回開催国となるポーランド(World of Coffee Warsaw 2020は2020年6月18日〜20日)からの参加者をはじめ、世界各国からコーヒースペシャリストが来訪し、会場は熱気に包まれました。

 

 

カリタの展示ブースでは、カリタが韓国発のプロダクトメーカーCafflanoとタッグを組んで販売する「GO-Brew」と、これまでにないデザインコンセプトのもと制作されたまったく新しいエレ
クトリックポット「KEDP-600」をお披露目致しました。

 

 

最終日には、World of Coffeeに出展された新しいプロダクトを評価するコンペティション「BEST NEW PRODACTS」に「GO-Brew」が選出されました。

https://worldofcoffee.org/blog-posts/daily-edition/issue-3/bnp-award

 

 

また、同商品は「HOST 2019 SMART LABEL」も受賞いたしました。
珈琲大国ベルリンで多くの評価を頂いた「GO-Brew」は、今後日本で販売致します。

 

 

もうひとつの見どころである新しいエレクトリックポット「KEDP-600」もご来場頂いた皆様から大変な評価を頂きました。プロトタイプでありながらも、展示会場では「いつ発売されるのか」と多くの問い合わせを頂きました。

 

 

また同製品は2019年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。2019年10月31日(木)から5日間にわたり東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において紹介されますので、是非会場までお越しください。

 

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
ハンドドリップコーヒーの人気が世界で高まっている中、日本製コーヒー器具は海外でも注目を集めるようになった。代表的なコーヒー器具メーカーであるカリタが、グローバル展開を目指し初めて手掛ける電気ケトルが本製品である。プロフェッショナルの要求を満たす品質と質感を備えつつ、転倒時もお湯が漏れない独自の機構を採用、家庭でも安心して使用できる仕様を実現している。温度調節機能はベース部分側面に備えたタッチセンサを使用するユニークな形式。直線を基調とした美しいデザインはバリスタの所作を引き立てる道具にふさわしい仕上がりである。

 

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 -2019年度グッドデザイン賞受賞展-
会期:10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン各所(東京・六本木)
http://www.g-mark.org/gde2019/

最近更新された記事

シーンから探す